学校紹介

真の医療人になるには

教育の現場から見つめ直そうと私たちが起ちあがりました。資格取得してからが、本当のスタートです。本当にたいせつなのは、学校を卒業し、社会に出てからです。私たち近畿医療専門学校が、教育の現場から見つめ直そうと起ちあがったのは、そんな理由からでした。現場で活躍できる人材を育てるために、現場を熟知した柔道整復師や医師、第一線のスポーツトレーナーを講師に迎えました。プロとして信頼される施術の手順などを直接学生に伝えようと考えたのです。大切なのはスタート。近畿医療専門学校は、現場でその実力を発揮できるような教育を行いたい。そんなコンセプトではじまりました。

近畿医専の理念・精神・信条

理念

社会貢献・人材育成・奉仕の精神

学園の精神

確かな技術と共に社会奉仕の精神を養い、人格共々優秀な人材の育成を目指します。

私達の信条

高齢化社会を支えるため奉仕の精神を礎に人材育成に努め、その立場と責任を職員・学生すべてが心に刻み日々精進いたします。

教育方針

理事長 小林 英健 Hidetake Kobayashi

[Profile] 1958年生まれ

  • 関西大学卒
  • 柔道整復専門学校卒
  • 鍼灸専門学校卒
  • 日本痩身医学協会会長
  • 小林整骨院総院長
  • 学校法人近畿医療学園理事長

設立の目的

私は銀行員から心機一転、柔道整復師に転身、後に整骨院を開業しました。整骨院に勤めはじめた頃は、膝や腰の痛みを抱える人のあまりの多さに驚くとともに、みるみるうちに状態がよくなっていく姿を目の当たりにして感動したことを覚えています。また患者さまから感謝されるたびにやりがいを感じ、素晴らしい職業に出会えたことに感動しながらも、もっと早く出会いたかったとの想いも少なからずありました。それから27年経った今、この柔道整復師という仕事を一人でも多くの皆様に知っていただき、また真の医療人としての柔道整復師を育成すべく、近畿医療専門学校を開校した次第です。

好きな仕事で一生食べていける

大阪府は今「教育日本一」と「職業教育日本一」を掲げています。一方、大学全入時代の到来を背景に、人々の個性はどんどん失われつつあります。こうした中でクローズアップされているのが、個性ある仕事、技術を必要とする仕事です。『好きな仕事で一生食べていける』ことに通じます。 柔道整復師は、将来が有望でありながら定年がなく、また景気の変動にも影響されない安定した職業。まさに、一生の仕事と言えるのです。

近畿医療専門学校が求める人材

近畿医療専門学校では、学校の成績が優秀だった方や有名校の卒業生を求めているわけではありません。「すべては患者様のために」という合言葉のもと、患者さまに喜んでいただくためなら何でもできる、ときには自分を犠牲にできる人材を求め、その育成に全力で努めています。こうした献身の精神こそが、国民医療の一端を担う柔道整復師の心構えだと考え、日々実践すべく精進しています。

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校 小林英健

近畿医専の特長

本校の教育の特長や学校施設のご紹介。
活躍する卒業生

卒業後、開業をした卒業生のご紹介。
卒業後の進路、就職サポート

就職指導体制、就職サポート体制、活躍フィールド

情報公開