学校の特徴

学校の特長

持っているだけの資格で満足ですか?

「活用してこその資格・役立ってこその施術」だと私たちは考えます。柔道整復師を目指される方の多くが、独立を視野に入れたライフプランを描いています。ところが、夢を具現化するための計画や準備はどうでしょう。夢を夢のままで終わらせないためにも、しっかりとした目標を見つけ出すことが大切ではないでしょうか。まずは、在学中の教育サポートから。インターンシップや業界体験プログラムなど、実際の現場を早くから体験し、目標設定のお手伝いをしていきます。もちろんはじめの一歩となる就職サポートも、ライフプランにあった支援を実施。すべては学生のビジョンをリアルにするためのお手伝いです。

本校ならではのポイント

経営力・食べていける力が育つ環境

本学で学んだ知識や技術をいかにして仕事へと結びつけるか―。第一線で活躍する柔道整復師を講師に招いた“職業人としての成功を意識した授業”を通して、理想の就職から独立、経営・運営のノウハウまでを身に付けられます。

患者の接遇から実技まで徹底チェックする「学習システム」

整骨院から病院、フィットネスクラブなど、多彩なフィールドにおいて実際の活動に触れる“業界体験プログラム”を実施。プロが行う患者への働きかけ、さらには施術の基礎から応用までを目の当たりにできます。

国家資格合格まで責任を持って、第一線で活躍する柔道整復師が講師、実践力・即戦力を育む

入学から3年間の学びにより、国家試験受験資格を取得。柔道整復師の資格対策を知り尽くした“国家試験対策室”の専任メンバーが、一人ひとりを全力でサポートします。

国家資格取得後に活かせる実践力を養える

柔道整復師を養成する学校においては、そのほとんどが国家資格の取得を最終目標に備えています。こうした考えに疑問を持つ本学では豊富な“インターンシップ”を通して、取得した国家資格をきちんと活かす教育を実践しています。

実践力を育成するカリキュラム

実際に使えるスキルの養成を重視する本学では、実践力を育成する独自カリキュラムを展開。基礎技術となる包帯については1年次から実技を学ぶなど、現場に強いスペシャリストの育成に取り組んでいます。

卒業後の進路について安心の就職サポート

整骨院や病院、スポーツ施設など幅広いネットワークを活かした就職支援体制。卒業と同時期の独立開業も夢ではありません。

様々な場面で活躍できる柔道整復師

整骨院の開業をはじめ、病院や介護・福祉関連、スポーツクラブ各種施設のトレーナーやプロアスリートの専属トレーナーなど、活躍の場は多彩に広がっています。

働きながらでも通学可能、生活スタイルに合わせて学び方を選択

日曜・祝日は休校、さらに集中講義なので、時間の有効活用が可能。昼間働きながらの夜間コース、大学とのWスクールなど、ライフスタイルに合わせて学び方を選択できます。

施設・設備

夢をサポートする充実の施設・設備

一人ひとり夢を叶えること。近畿医療専門学校では、学生の資質や適性を見極めるため、マンツーマンによる丁寧な面談を実施。進路指導スタッフとクラス担任の連携プレーで学生の本音を聞き、潜在的な希望を見抜く確かなサポート体制を整えています。

  • 臨床実習室
    臨床実習室
  • 実技実習室
    実技実習室
  • 図書室
    図書室
  • 図書室
    シャワー室
  • 講義室
    講義室
  • 更衣室
    更衣室
  • 柔道場
    柔道場