• Home
  • 柔道整復学科

柔道整復学科

社会に貢献する人間教育

柔道整復師は幅広く社会に貢献しています。近畿医療専門学校は、高いレベルの専門知識と人間力を持った柔道整復師(国家資格)の養成を目標とした大阪の専門学校です。併せて「心・技・体」の柔道基本理念の特色を活かした人材育成を目指し、国民の皆さまの健康と社会福祉に貢献していきます。学校説明会も随時受付中です!

  • 針灸師とは?
  • カリキュラム
  • プロの講師陣

柔道整復師とは?

「整骨院」「接骨院」「ほねつぎ」といった治療所で施術を行っているのが柔道整復師です。

柔道整復師とは柔道整復を業とし、厚生労働大臣免許の下、骨折・脱臼(だっきゅう)・捻挫(ねんざ)・打撲(だぼく)・挫傷(肉離れ)などに対して応急的ならびに医療補助的に回復の施術を行う者をいいます。

養成施設に入学または入所する資格条件のひとつに柔道の素養のあることをあげているのが特色です。

柔道整復師は高校卒業、もしくは大学受験資格のある者が3年以上、国が指定した専門学校・大学で専門知識と技術を習得し、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。

柔道整復師は自然治癒力を最大限に引き出します

柔道整復師は患者の体の悪い部分を「手技」によって手当てします。

薬を用いたり、手術を行うことなく、人が本来持っている自分で体を治そうとする力(自然治癒力)を、最初はゆっくりと、やがて最大限に引き出して治療を行います。そのため副作用など体に無理な負担をかけずに治療ができます。

柔道整復師は、骨折、脱臼の患部に医師の同意なしに施術をしてはならないとされていますが、応急手当てとして施術する場合はこの限りではありません。しかし、外科的手術や投薬を行うことは禁じられています。

柔道整復師は広く世の中に貢献しています

柔道整復師は現代のようなストレス社会においては、体のケアのみならず患者とのコミュニケーションがとれ、患者から尊敬を得られる人間性と高度な医学的知識を習得した人材なのです。しかも保険適用による安全で低廉な費用の理想的治療を行うことができるのも柔道整復師の有資格者です。

柔道整復師がどのように社会に存在しているかといいますと、開業権があり保険の取り扱いができることから、整骨院を開院して地域医療に携わっている人、スポーツの現場でスポーツトレーナーとして活躍している人、整形外科等の病院に勤務している人、リハビリテーション科に勤務してスポーツリハビリテーションなどに従事している人、デイサービスやグループホームなどの介護施設を開設したり、機能訓練指導員として勤務している人など、多種多様にわたり、広く世の中に貢献しています。

カリキュラム

資格取得のカリキュラムには将来の可能性がぎっしり詰まっています

本校柔道整復学科においては、1年次に徹底した基礎包帯の技術の修得、基礎学力の学習を学びます。2年次には基礎知識・技術をベースに様々な疾患に対する知識や実技を身に付ける年度とし、3年次には国家試験対策と並行して、臨床に即した様々な技術を学びます。その他、本学科では授業外においても、柔道部やトレーナー部、野球部などさまざまなクラブ活動を通して、人間性や協調性を学ぶこともできます。また、様々なトレーナー活動も行っており、学生も積極的に参加し、本校教員が行う技術を見学して生の現場を体験できます。本校は即戦力を育成することを目標にカリキュラムを組んでいます。

たとえば、捻挫をした患者さんに対するテーピングの方法を学ぶ。資格取得には必要なカリキュラムのひとつです。実際にテーピングを施す実習とセットで学びます。理論と実習を重ねるように学ぶことで、知識が実力につながっていきます。さらに学外研修や整骨院研修などとバランスよく組み合わせることで、資格取得のための勉強がいつしかキャリアとしての経験につながっていくのです。資格取得は、はじめの一歩。近畿医療専門学校は、卒業後の違いを意識したプログラムづくりにも取り組んでいます。

中国「上海中医薬大学」において、東洋医療と日本の伝統医療とを融合させる交流研究にも参加可能。

※上海中医薬大学は、中華人民共和国成立後、初めて設立された中医高等学院4ヶ所のひとつ。約半世紀の歴史を誇ります。

基礎分野

  • 健康科学Ⅰ・Ⅱ
  • 人文科学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会科学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会体育Ⅰ・Ⅱ

専門基礎分野

人体の構造と機能
原因を学ぶ
  • 解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 生理学Ⅰ
施術の活かし方を学ぶ
  • 生理学Ⅱ
  • 運動学
疾病と傷害
施術の活かし方を学ぶ
  • 病理学概論
  • 一般臨床医学
  • 外科学概論
  • 整形外科学
  • リハビリテーション医学
保健医療福祉と柔道整復師の理念
原因を学ぶ
  • 柔道Ⅰ・Ⅱ
実践での活かし方を学ぶ
  • 関係法規
  • 衛生学・公衆衛生学
  • 医療概論

専門分野

基礎柔道整復師
原因を学ぶ
  • 柔道整復学総論
臨床柔道整復学
施術の活かし方を学ぶ
  • 柔道整復学各論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
柔道整復実技
原因を学ぶ
  • 柔整実技Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
実践での活かし方を学ぶ
  • 柔道整復演習

その他

実習
施術の活かし方を学ぶ
  • 臨床実習

様々な疾患例に対して問診から検査法、施術法や教科書だけでは学べない技術など、現場に即した一連の流れを学びます。また、物理療法の取り扱いに対して、医療機器の企業を招いて、実際に使用しながら臨床に即した使用方法を学んだり、柔道整復師の療養費の取り扱い、受領委任払いの仕組みに関する実務的な内容を、業界団体の専門家を招いて行っています。

プロの講師陣

理事長 小林 英健 先生

柔道整復や鍼灸の素晴らしさを伝え “真の医療人”を一人でも多く育成する。 武道にも流派があるように、治療にもさまざまなやり方があります。 たいせつなのは患者さんにとって効果があるかないかです。

私は開業して間もないころ、ぎっくり腰の治療で苦労しました。なんとか1日でも早く、痛みを取ることはできないものかと願っていたときに、南條式変形徒手矯正療法と出会い、その即効性に驚かされました。

南條式変形徒手矯正療法とは、戦国時代、南條家の武術の稽古から生まれた活法で、柔道整復術の起源でもあります。それを現代流にアレンジし、武術の心得がなくても誰でもできるように改良・考案したのが、小林式柔道整復術です。

以来、柔道整復師の先生だけを対象にセミナーを開催し、15年以上。受講された先生方からは

「とても即効性のある技術」
「柔道整復師としてのやりがいを感じています」

と評価をいただいています。

今では、本校の学生に向けたセミナーも開講し昼間部は3年生から受講可能。 本学でしか受講できない小林式柔道整復術の修得は 仕事に感動できる日々を手に入れることにつながると確信しています。

坂本 博 先生

医療現場での経験・失敗などの話を授業に取り入れ、理解しやすいように工夫しながら授業を行います。

吉村 道人 先生

座学では基本を、実技では臨床を中心に、将来、柔道整復師になった時に役立つ授業をします。

浅見 有祐 先生

卒業してから必要となる知識や臨床的な実技を教えていきます。国家試験対策では学生目線でわかりやすい授業を行います。

川﨑 新也 先生

柔道整復の歴史は、遡ること1,000年以上と言われます。この日本国固有の民族医療術を一緒に学びましょう。

藤原 光 先生

臨床現場の様々な状況において、対応力や思考力を伸ばして適切な対処ができるよう、体験談や手技療法を伝えます。