• オープンキャンパス受付
  • 個別相談会受付
  • 資料請求

MENU

大阪でスポーツトレーナーを目指すあなたへ!

選手を支えるスポーツトレーナーを目指す

支える立場から、スポーツに関わる。

自分が競技者でなくとも、スポーツに関わる仕事に就きたい。そう考える人はたくさんいることでしょう。スポーツに関わるといえば指導者や監督、コーチやスタッフ、さらにはスポーツ用品の取り扱い店やスポーツ施設で働くこと、テレビのスポーツ解説なども、スポーツに関わる仕事といえます。その中でも選手に一番近い距離で、選手を支える仕事として、スポーツトレーナーがあります。ひとくちにスポーツトレーナーといっても、その役割は多様で、多くのスポーツトレーナーがニーズに応えるために専門学校に通い、柔道整復師・鍼灸師の医療系国家資格を持ち、高い専門知識や技術を身につけ、現場で活躍しています。近年、地域スポーツ活動や、部活動、高齢者への支援など、スポーツを充実、強化させる傾向もあるため、活躍のフィールドも拡大していくことが期待されます。選手を支えるという立場から、生涯、スポーツと関わることのできる仕事のひとつだと言えるでしょう。

近畿医療専門学校がCSスカパー!日経CNBC『時代のニューウェーブ』に取り上げられました!

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーは、アスリートの命である「体」を支えるエキスパート。 アスリートをはじめとする身体疲労と戦う人が、常にベストコンディションでいられるように、健康状態およびトレーニングの管理、ケガの応急処置、リハビリまで、体づくりと能力の向上を全般的にサポートするエキスパートです。近畿医療専門学校では、スポーツトレーナーのエキスパートを育成します。

  • スポーツの現場でアスリートをケア
  • アスリートのトレーニングをサポート
  • スポーツトレーナーとしての知識を身に付ける

スポーツトレーナーの種類

スポーツトレーナーには大きく分けて2つの種類があります。

体づくり・運動能力向上のエキスパート

  • コンディショニングトレーナー
  • フィジカルトレーナー
主な仕事 ストレッチ、トレーニング、ウォーミングアップ、クールダウンなど。

ケガ予防・応急処置や回復のエキスパート

  • アスレティックトレーナー
  • メディカルトレーナー
主な仕事 テーピング、マッサージ、アイシング、リハビリなど。

スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるには

医療の知識はスポーツトレーナーの質を上げる武器になる。

体育・医療・健康科学・スポーツ系の大学・短大、または、専門学校のトレーナーコースなどで学べますが、医療や身体機能の専門知識を有した上で、柔道整復・鍼灸など、治療を目的とした学科を選択することで、さらに有効性が向上します。スポーツトレーナーに必要な資格は特にありませんが、関連資格を取得しておくと非常に役立ちます。

スポーツトレーナーのプロとして活躍するには、 医療系国家資格の取得が有利。

現在、日本で活躍しているスポーツトレーナーのほぼ全ての人が、専門学校で柔道整復師や鍼灸師の資格取得に取組み、実際に医療系国家資格を保持しています。これは日本の法律で、人体に触れて医療類似行為を行うのは、医療系国家資格を保有する者に限ると定められているためです。代表的な医療系国家資格として、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士があります。

日本のスポーツに関する代表的な民間資格としては、日本体育協会の定めるアスレティックトレーナーがあり、アメリカやオーストラリアなどスポーツ先進国でトレーナー専門の民間資格を取得する場合もあります。

取得しておくと有利な資格

  • アスレティックトレーナー(日本)
  • パーソナルトレーナー(アメリカ)
  • トレーニング指導者(日本)
  • スポーツリーダー(日本)

代表的な医療系国家資格

  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 理学療法士

※日本にはスポーツトレーナーという国家資格は存在しません。「スポーツトレーナーになる」ということに関しても、資格は必要ありません。しかし、専門的な知識の技術の無いスポーツトレーナーは選手から信頼されません。よって、近畿医療専門学校では柔道整復師、鍼灸師資格を有した信頼されるスポーツトレーナー育成に全力を注いでいます。

活躍の場所はスポーツの現場だけじゃない

スポーツトレーナーは、プロのスポーツチームをはじめ高校や実業団のスポーツチーム、オリンピックの日本代表選手団など、さまざまなスポーツの現場で活躍しています。実はスポーツの現場以外にも、トレーナーとしてあらゆる業界、現場で活躍することができます。

たとえばこんなところで…

テーマパークで…
ダンサーやパフォーマー、着ぐるみを着て演奏をしている人たちの、ケガ予防や疲労軽減、体のケアなどをします。
歌手などのアーティストに…
コンサートなどで長時間歌って踊るアーティストについて、体調管理や疲労回復のためのケアなどを行います。
テレビの現場で…
バラエティやスポーツ番組など体を動かす番組撮影の現場で、ケガの予防や応急処置、体のケアなどのために帯同します。
戦闘機パイロットや宇宙飛行士に…
スポーツ選手並みに体力が必要とされるパイロットや宇宙飛行士のために、体力強化、回復のための指導を行います。

たくさんの先輩達がスポーツ業界で幅広く活躍!

現場で活躍する橋本大祐さん

橋本 大祐 さん / DAISUKE HASHIMOTO

中学から大学まで野球に打ち込み、1998年ドラフト3位で阪神タイガースに入団。しかし、腰のヘルニアのため3年で現役引退。退団後は自身の経験を活かすためにトレーナーの道へ。専門学校に通い鍼灸師、柔道整復師の国家資格を取得し、阪神タイガースでのトレーナー研修を経て、だいすけ鍼灸接骨院を開業。

開業後、スポーツトレーナーとしても多彩なジャンルのアスリートの支援を行う。その後、スポーツトレーナーを目指す人々の進路を拡げるために、オーストラリアにおけるスポーツ関連国家資格を取得し、審査員に就任。

アスリートから信頼されてこそ、真のスポーツトレーナー。 柔道整復と鍼灸を用いれば、メディカルからフィジカルまで、アスリートを幅広くサポートすることができます。

ストレッチしかできないトレーナーでは、アスリートから信頼されない。

スポーツ現場の施術では、柔道整復も鍼灸も必要です。まず、柔道整復・鍼灸で得た知識を元に筋肉疲労や、体の状態を知り、それから鍼を打つ事がほとんどです。捻挫などのケガの場合は柔道整復の技術を用いてテーピングなどを行い治療も施します。今や現役のアスリートの多くが鍼の必要性を感じており、疲れが溜まってきたときに施術を希望する事が非常に多いです。ケガや疲労回復をトレーナーに相談するのですから、相互の信頼関係は非常にたいせつです。最近では、外国人や一般のマラソンランナーからの依頼も多くなってきています。

スポーツトレーナーの役割は、スポーツ選手のケアにとどまりません。

阪神タイガースでの選手経験を活かし、今は地域の子どもたちに野球塾で指導もしています。プレー技術はもちろんですが、栄養面やケガをしないための予防を指導するのも重要だと思っています。子どもたちには、筋肉疲労時に予防鍼灸を施す場合があります。そんな私の姿を見て、スポーツトレーナーの役割を知り、憧れを持つ子どももいますね。信頼されるスポーツトレーナーを目指すには、鍼や柔道整復の技術はもちろん、実践がたいせつです。スポーツに関わるだけでなく、本場の知識を吸収しながら実践実習できる機会を多く持つことが必要です。

  • スポーツ×近畿医専
  • オフィシャルパートナー×近畿医専
  • 野球×医療人

夜間学校説明会・個別相談会は随時開催しています。

オープンキャンパス・個別相談会のお申込みはコチラ!