国家資格を取ってスポーツトレーナーになろう!

国家資格を取ってスポーツトレーナーになろう!

近畿医療専門学校は、Jリーグ、プロ野球選手、オリンピック代表、幕内力士、ウェイクボード、
パラ・スノーボード世界大会メダリストなどへスポーツトレーナー活動を行っております。
(オフィシャルスポンサーシップ、ヴィッセル神戸・大阪エヴェッサ・兵庫ブルーサンダーズ)

近畿医療専門学校はスポーツトレーナー活動を行っております。

こんな悩みはありませんか?

  • スポーツトレーナーになりたいけど、どうしたらなれるの?

  • パフォーマンスを上げて結果の出せるトレーナーになりたい!

  • アスリートに喜んでもらえるトレーナーになりたい!

  • ただ鍛えるだけではなく、体幹を整えるメソッドを学びたい!

  • スポーツトレーナーとして食べていけるノウハウはどうしたらいいの?

  • 痛みや疲労を取り除けるトレーナーになりたい!

その悩み近畿医療専門学校なら解決できます!

  • 国家資格が取れる

  • 技術を学べる

  • トレーナー活動の話が聞ける

  • トップアスリートに選ばれる技術が学べる

  • 理事長・理事がリオオリンピックに帯同したトレーナー

小林英健理事長と2016年ボクシング オリンピック代表選手

近畿医療専門学校で小林英健理事長と、
2016年ボクシング オリンピック代表選手
(理事長室にて)

プロアスリートからの贈呈品でいっぱい

近畿医療専門学校ロビーには
プロアスリートからの贈呈品でいっぱいです。

■ヴィッセル神戸

兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1軍の半数以上が近畿医療専門学校がスポーツトレーナーを行っています。2016年レアンドロ選手はJリーグ得点王に輝きました。

■大阪エヴェッサ

大阪府大阪市を本拠地としてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム。 日本初のプロバスケットリーグ(bjリーグ)の初代王者。

■兵庫ブルーサンダーズ

兵庫県のプロ野球チーム。2011年より、プロ野球独立リーグ・関西独立リーグに参入。2013年に関西独立リーグを脱退し、2014年からはBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ、BFL)に加盟。

スポーツトレーナー活動の様子
スポーツトレーナー活動の様子

近畿医療専門学校講師とスポーツ活法講師による
2017年夏の甲子園代表出場へのスポーツトレーナー活動

今現在『スポーツトレーナー』という国から認められた資格はありません。
スポーツトレーナーとして活躍している方の多くが取得しているのは、柔道整復師や鍼灸師の医療系国家資格です。

委嘱状

近畿医療専門学校 小林英健理事長、
田中宣彦 スポーツ活法代表講師 兼 本校理事が
日本オリンピック協会から、
コーチングスタッフとして選ばれております。

柔道整復師、鍼灸師の資格を得るには、厳しい国家試験に合格する必要があります。
その分アスリートは、安心して大切な自分の身体を任せられ、社会的にも信用されます。

プロにしても、アマチュア競技者を対象にするにしても、スポーツトレーナーは人に触れ、人を相手にする仕事であり、いざというとき重大な責任が伴います。

未熟な技術や知識不足では、相手の身体を傷つけかねません。
そこで日本では、医師、柔道整復師あるいは鍼灸師などの「人の身体に直接触れてケアができる国家資格」を持っている人が多いのです。

  • スポーツ活法セミナー

    月1回近畿医療専門学校講堂で行われている
    オリンピックトレーナーになろう、
    スポーツ活法セミナー

  • 講義をする田中宣彦理事

    講義をする田中宣彦理事

国家資格を持ったスポーツトレーナーになりたい方へ 無料資料をお届けします。

トップアスリート達を支える、当校が誇るスポーツトレーナー

小林英健

小林英健 近畿医療専門学校 理事長 スポーツ活法代表

私達が関わったスポーツ選手が
結果を残すことが我々のやりがいです。

田中宣彦

田中宣彦 近畿医療専門学校理事 スポーツ活法代表講師

トップアスリートに選ばれる
技術と人間力を共に学びましょう!

京本永寿

京本永寿 鍼灸1期

トレーナー活動を通して
人間性が向上します!

宇野耕介

宇野耕介 鍼灸1期

アスリートにもっと喜んでもらえる
施術家を目指してます!

田邉真太郎

田邉真太郎 柔整1期

プロ野球選手からサインをもらって
子供のヒーローになりました。

久保陽平

久保陽平 柔整6期

トレーナー活動をして
スポーツ観戦が100倍楽しくなるよ!!

スポーツトレーナーとして働くには

代表選手をメインテナンスする小林英健理事長と田中宣彦理事

2016年リオオリンピック選手村で
代表選手をメインテナンスする
小林英健理事長と田中宣彦理事

スポーツトレーナーという仕事は、一般的な仕事とは違いインターネットや雑誌、新聞などの求人広告などに掲載されることがほとんどありません。

では、どのような方法で、アスリートはトレーナーを探すのでしょうか?

ほとんどが紹介です!

  • アスリート仲間に実績あるトレーナーを紹介してもらう。
  • チームに所属いるトレーナーの知り合い(友人、後輩など)をあたる。
  • 近畿医療専門学校など実績ある学校から紹介を受ける。
  • 株式会社KMCなど、トレーナー活動に力を入れている治療院から紹介を受ける。

業界内でのつながりであったり、求人があっても非公開求人として扱われる場合が多いため、求人誌や情報サイトなどで探す事は殆どできません。

スポーツトレーナーとして就職するために一番重要な事は?

  • まずは、医療系国家資格を取得し、
    いつ声がかかっても良いように必要な知識、技術を
    身に付けることです!

  • 既に医療系国家資格を取得しているのであれば、
    トレーナーを専門に行う株式会社KMCなどの会社へ
    就職する方法もあります。

  • これから資格を取得するのであれば、
    資格取得の際に国家資格がとれる学校選びや
    在学中のインターンシップなど、
    就職機会を増やすための活動が重要になります。

■(株)KMC(小林整骨院グループ)とは

(株)KMC 小林整骨院グループとは、 「痛みは必ず取れる」という確固たる治療哲学のもと、近畿・大阪一円に20軒以上の整骨院を展開しています。整骨院事業のほかにも、柔道整復師・鍼灸師育成の場として近畿医療専門学校。小林英健理事長自ら2016年リオ・オリンピックにスポーツトレーナーとして参加した経験などをいかし施術家向けセミナー「スポーツ活法」を運営しています。㈱KMC小林整骨院 グループは、書籍にて、「大阪で最も患者様に選ばれる治療院」やテレビ番組にて「関西の整骨院10756件の口コミ・業界の評判から、最もゴッドハンドである」と選ばれました。

なぜ国家資格が必要なのですか?

国家資格である柔道整復師、鍼灸師以外は民間資格となり、AT(アスレティックトレーナー)なども国に認められた資格ではありません。
たとえば、デイサービスで筋力トレーニングなどを行う「機能訓練指導員」に就けるのは柔道整復師、理学療法士、看護師などの有資格者のみです。
スポーツトレーナー業界は、国家資格を持った有資格者と、その他の無資格者(民間資格を含む)にわかれます。

国家資格者と無資格者【アスレティックトレーナー含む民間資格取得者】との初任給例

厚生労働省設置の公共職業安定所ホームページより、抜粋(2017年8月)

平均
国家資格あり:24.7万円 
民間資格含む無資格者:15.3万円
国家資格 無資格
トレーナー

180,000円

スポーツトレーナー・ジムでの運動指導

121,000円

運動トレーナー

140,000円

整形外科

250,000円

リハビリ助手

130,000円

整骨院

230,000円

整体師セラピスト

170,000円

整体師・スポーツトレーナー

230,000円

ストレッチトレーナー

150,000円

スポーツトレーナー店舗スタッフ

165,000円

整体診療助手

150,000円

柔道整復師

315,000円

整体師・スポーツトレーナー

150,000円

健康運動実践指導者・
健康運動指導士

215,000円

児童指導員

170,000円

カイロプラクター・スポーツトレーナー

183,000円

健康運動指導

143,000円

スポーツトレーナーとしてのやりがいは?

  • トップアスリートと
    夢を共有する!
  • アスリートの考えに
    触れる事ができる!
  • 結果を
    共有できる!

たとえ個人競技であっても、選手以外に監督やコーチといったチーム単位で試合に望むケースが多く、その中で選手をメンテナンスするスペシャリストとして名を連ね、チーム一丸となって試合に望むことが出来ることは、スポーツトレーナーとして大きなやりがいです。

また、近年では選手のパフォーマンス向上をトレーナーがサポートするケースも増えています。

今までは監督やコーチが、心理的・技術的アドバイスをするケースが大半でしたが、トレーナーが選手の体の動きを把握し、身体的アプローチから選手のフォローを行うことで、選手のパフォーマンスが劇的に変わるケースも多くあります。結果を共有できる!事が大きなやりがいのようです。

スポーツ活法セミナーで講演

パラ・スノーボード世界大会3連覇の成田緑夢選手が近畿医療専門学校で行われたスポーツ活法セミナーで講演

人の役に立つ事ができるスポーツトレーナー

選手と結果を共有できる!

トレーニングの疲労や痛みを取り除く施術で選手の体調が改善し、試合で結果を残せたとき、それは自分の事のように嬉しく感じるものです。

それは人の役に立ちたいと考える人にとって、最高の悦びです。

特にトップアスリートのトレーナーになると結果をだした選手と共に、テレビ、雑誌、新聞で紹介される機会もあります。

スポーツ活法の田中宣彦代表講師

スポーツ活法の田中宣彦代表講師

国家資格を持ったスポーツトレーナーになりたい方へ 無料資料をお届けします。

スポーツトレーナーの需要は?

スポーツ医学の発達とともに需要は高まっています。

一昔前までは、プロ選手といえども、「自分自身のコンディション管理や、簡単な治療は自身で行う」という間違った認識が定着していました。しかし、スポーツ医学の発達とともに、スポーツの現場に無くてはならない存在であると、広く認知されてからは、需要が高まりつつあります。

スポーツ医学の発達は、記録や技術を向上させたり、選手が現役で活動できる期間を長くしたり、故障の発生を抑えたりと、みなさんが普段よく見るスポーツの世界でも、目に見える形に現れています。

ヴィッセル神戸をサポートする近畿医療専門学校

2016年Jリーグ得点王に輝いたレアンドロ選手が在籍する
ヴィッセル神戸をサポートする近畿医療専門学校

2017年 理事長がNHKにて取材を受けました

2017年 理事長がNHKにて取材を受けました
(スポーツ活法を受けているのは成田選手)

どのような人材が求められますか?

スポーツトレーナーになるには、まず柔道整復師や鍼灸師などの医療系の国家資格を持っていることが前提条件となります。
人体の構造に詳しく、競技に対して理解がある。
スポーツが好きで強い興味や感心を持っている人、スポーツ経験者、競技経験者が求められています。

スポーツトレーナーは、アスリートのパートナーとしてアスリート達と多くの時間を共にすることになります。
体の状態だけでなく、アスリートの気持ちも考えられる人材でなければなりません。
高い人間性を磨くことも必要です。

近畿医療専門学校は人間教育にも力を入れています。

オープンキャンパス、個別相談会随時開催

大阪でスポーツトレーナーになるなら
トップアスリートに選ばれる実績ある近畿医療専門学校

近畿医療専門学校では、人をケアできる、柔道整復師・鍼灸師という国家資格を取得し、人間性を磨き、技術をつけ独立をも視野に入れた教育を実践しています。
スポーツトレーナー活動実績の貴重な体験談がきけたり、美容鍼灸など幅広く活躍している先輩が多数います。
ぜひオープンキャンパスにご参加ください!

オープンキャンパス参加申込みはコチラから

近畿医療専門学校×スポーツ活法

トップアスリートに選ばれ続ける世界最高峰のスポーツトレーナー技術「スポーツ活法」
日本オリンピック委員会から委嘱され東京オリンピックへ選手のパフォーマンスを目指す!
スポーツトレーナーとしてリオ・オリンピックに帯同

近畿医療専門学校講師陣と、スポーツ活法講師
近畿医療専門学校講師陣と、スポーツ活法講師

近畿医療専門学校講師陣と、スポーツ活法講師((株)KMC 小林整骨院グループ院長)による2017年夏の甲子園出場選手へのメインテナンス風景。

■スポーツ活法とは?

「スポーツ活法」とは、柔道整復師・鍼灸師が、その伝統的な技術でスポーツトレーナーとして活躍するために2016年4月に立ち上げ近畿医療専門学校で行われている新療法ブランドの事です。

「スポーツ活法」のパフォーマンスアップの効果は、2016年Jリーグ得点王、2017年プロ野球オールスター選手、2017年プロ野球一軍先発ローテーション選手、2016年幕内全勝優勝力士、2016年リオ・オリンピック代表選手などに選ばれ、結果を出し続けていることで証明されています。

「スポーツ活法」とは「スポーツトレーナー=柔道整復師・鍼灸師」という新しい常識の創造です。スポーツ活法は確かな技術をもった治療家を輩出し続けています。

その核となっているのが1998年に近畿医療専門学校小林英健理事長がセミナーとしてスタートした「小林式背骨矯正法」で、これは戦国大名の一族である南條家の武術から生まれた活法を起源とする「南條式変形徒手矯正療法」を現代流にアレンジし、武術の心得がなくても誰でも安全にできるように小林理事長が改良・考案した即効性のある矯正法です。

小林式背骨矯正法は、開業されている柔道整復師・鍼灸師の先生方を対象としたセミナーを通じて伝えられ、これまでに1万人以上の治療家が技術を体験し、約1500人の優秀な治療家に伝承した、国家資格取得者を対象としたセミナーですが、本学の柔道整復師学科昼間部3年生を対象に年間60万だったセミナーを無料で受講できるようにしました。多くのトップアスリートに認めていただいているこの独自技術を在学中に無料で学べるのも、近畿医療専門学校ならではの強みです。

2020年の東京オリンピックを見すえて立ち上げた「スポーツ活法」の現場など、学生のうちからトップアスリートに触れる機会が多いのも近畿医療専門学校の大きな特色となっています。

スポーツ活法セミナー風景

スポーツ活法セミナー風景

なぜ近畿医療専門学校が
トップアスリートに求められるのか?

従来の筋肉を単に鍛えるトレーニングは現在では時代遅れ!
体幹を安定させて「筋肉を活かす」
身体軸の使い方、関節の使い方をもコントロールできるトレーナーが求められています。
しかしながら、ほとんどのトレーナーはそのような方法を知りません。

近畿医療専門学校が選ばれる理由

  • トップアスリートに選ばれる
    人間力形成
  • 人の身体に触れてケアできる
    国家資格取得
  • トップアスリートとの
    パイプ
  • オリンピック委員会が
    認める技術
  • 長い歴史の中で磨き抜かれた
    最先端のパフォーマンスアップ法

小林英健理事長紹介

小林英健理事長はスポーツトレーナーのための施術法、スポーツ活法を開発し、セミナーを20年以上続けています。

セミナー風景2017年7月

毎月開催されるスポーツ活法 セミナー風景2017年7月

大相撲、2016年幕内優勝 
琴奨菊関 施術風景

小林英健理事長、田中宣彦理事

小林英健理事長、田中宣彦理事

1997年に小林整骨院 本院を開院(自社物件)
(初代院長は近畿医療専門学校 小林英健理事長)
2017年も売上を伸ばし売上は本院1店舗で、月間1,200万円以上(2017年7月)
(平均的な整骨院の10倍以上)

1997年に小林整骨院 本院を開院(自社物件)

株式会社KMC(小林整骨院グループ)
直営グループ院 約20院

株式会社KMC(小林整骨院グループ)

(株)KMC小林整骨院グループスタッフ
近畿医療専門学校OB多数

KMC小林整骨院グループスタッフ

八尾市口コミ地域No.1 
小林整骨院 内観

八尾市口コミ地域No.1 

治療クチコミサイトで1000件以上の口コミを患者様にいただき、日本TOPの評価を得ている治療院も、小林整骨院OBです。

治療クチコミサイトで1000件以上の口コミ

小林整骨院グループ総院長・学校法人近畿医療学園理事長
小林英健先生―「治る整骨院」の頂点目指すカリスマ
小林英健先生―大阪で最も患者を集めるカリスマ治療家と紹介されています。

体の痛み解消!

近畿医療専門学校卒で国家資格取得後たった2年で、日本最高の売上を達成できる「スポーツ活法」スポーツトレーナー

小北悠二 本院5代目院長

小北悠二 本院5代目院長

小林英健理事長は、2016年リオオリンピックにトレーナーとして帯同したスポーツトレーナー。

2016年リオ・オリンピック壮行会

日本ボクシング連盟公式HPより
2016年リオ・オリンピック壮行会

2016年 リオ・オリンピックでは、オリンピック選手村にて代表選手を治療

左:田中宣彦スポーツ活法代表講師、右:小林英健理事長

左:田中宣彦スポーツ活法代表講師、右:小林英健理事長

理事長 小林英健、理事 田中宣彦が2017年4月1日。東京オリンピックに向けて日本オリンピック委員会から強化スタッフとして委嘱を受ける。

委嘱状
トップアスリートに選ばれる「スポーツ活法」をはじめ、現場で活かされる“治せる技術”を徹底して学ぶ。
理事長 小林 英健

理事長 小林 英健 

提携するプロスポーツチームの現場をはじめ、
トップアスリートに触れる機会も充実

本学は2008年に開学しましたが、その時点で大阪府内だけでも10校以上の柔道整復師・鍼灸師の養成校がありました。そのような状況で新たな学校づくりに尽力したのは、国家資格の合格だけに特化するのではなく、実践的な“治せる技術”を身につけた人材を育てたいと思ったからです。私自身、柔道整復師として、施術を通じて腰痛をはじめとする数多くの患者さんを治し、日本の「伝統医術」である柔道整復の可能性を実感していました。一方で、整骨院は「保険のきくマッサージ屋さん」と揶揄される風潮もあり、業界全体の認知度を上げ、その質を向上させたいという強い思いもありました。

近年ではスポーツトレーナーになりたいという方も増加しています。本学では同分野の学びを拡充させ、例えばオフィシャルスポンサーシップを結んでいる関西のプロスポーツチームの現場を体感できるのもその一つです。その他、2020年の東京オリンピックを見すえて立ち上げた「スポーツ活法」の現場など、学生のうちからトップアスリートに触れる機会が多いのも大きな特色となっています。

アスリートから選ばれるスポーツトレーナーをめざして

「スポーツ活法」とは、柔道整復師・鍼灸師の技術を基にスポーツトレーナーとして活躍するための新療法のことです。その核となっているのが小林式背骨矯正法で、これは戦国大名の一族である南條家の武術から生まれた活法を起源とする「南條式変形徒手矯正療法」を現代流にアレンジし、武術の心得がなくても誰でもできるように私が改良・考案した即効性のある矯正法です。小林式背骨矯正法は、開業されている柔道整復師・鍼灸師の先生方を対象としたセミナーを通じて伝えられ、これまでに約1500人の優秀な治療家を輩出。国家資格取得者を対象としたセミナーですが、本学の柔道整復師学科昼間部3年生を対象に無料で受講できるようにしました。多くのトップアスリートに認めていただいているこの独自技術を在学中に学べるのも、本学ならではの強みです。

2020年の東京オリンピック開催に向け、世界で活躍するアスリートを支えるスポーツトレーナーの需要が今まで以上に高まってきています。ぜひ本学でその基礎となる力と、実践力を養ってください。私自身、リオオリンピック選手団トレーナー(ボクシング)として帯同したほか、現在もプロ野球選手をはじめさまざまなアスリートのサポートを手がけています。選手の役に立つのはもちろん、それらの活動を通じて、「スポーツトレーナー=柔道整復師・鍼灸師」の浸透に貢献できればと思っています。

3年間働きながら学ぶことで、
高い知識と技術、そして人間力を育む

本学では、国家資格合格に必要な知識と“治せる技術”を修得するのはもちろん、人間力の育成にも力を入れています。そのために現場で学ぶ機会を多く設けており、併せて推奨しているのが整骨院でのアルバイトです。私が総院長を務めるKMC小林整骨院グループをはじめ、提携している整骨院で在学中から働くことで、知識・技術のほか、先輩や患者者さんなどとの関わりを通じて言葉づかいや働く姿勢などが自然と身につきます。3年間働きながら学び、卒業時に国家資格を取得して、当グループの分院長になるといったケースも毎年1、2名は出ています。学校と現場の往還が、生きた知識・技術とともに、人間的にも大きく成長させてくれるわけです。

柔道整復師、鍼灸師、スポーツトレーナーの仕事の一番の魅力は、患者さんや選手から直接「ありがとうございました!」と感謝の言葉をいただけるところ。感謝されることで、「さらに技術を磨こう」と自然と向上心も芽生え、その努力が業績にもつながっていきます。そんな大きなやりがいと可能性のある仕事です。ぜひ、夢を持ってチャレンジしてみてください。ともに頑張りましょう。

国家資格を持ったスポーツトレーナーになりたい方へ 無料資料をお届けします。

【2017年版】スポーツトレーナーを目指すには!

選手を支えるスポーツトレーナーを目指す

支える立場から、スポーツに関わる。

スポーツトレーナーになるには、どのような方法があり、ジムで活躍するパーソナルトレーナー、大学や高校の競技者、トップアスリートに関わるスポーツトレーナーになるにはどうすればよいのでしょうか? 自分が競技者でなくとも、スポーツトレーナーとしてうポーツに関わる仕事に就きたい。そう考えスポーツトレーナーを目指す人はたくさんいることでしょう。近畿医療専門学校では国家資格を保有するスポーツトレーナーの育成に力をいれております。スポーツに関わるといえば指導者や監督、コーチやスタッフ、さらにはスポーツ用品の取り扱い店や、ジム、パーソナルトレーナーとしてスポーツ施設で働くこと、テレビのスポーツ解説なども、スポーツに関わる仕事といえます。その中でも選手に一番近い距離で、選手を支える仕事として、スポーツトレーナーがあります。ひとくちにスポーツトレーナーといっても、その役割は多様で、怪我の予防を担当するアスレチックトレーナー、怪我の復帰が早くなるように手助けする、メディカルトレーナー、パフォーマンスアップのため、筋力向上をはじめとしたトレーニング指導を行う、ストレングストレーナーなど多くのスポーツトレーナーがニーズに応えるために専門学校に通い、柔道整復師・鍼灸師の医療系国家資格を取得し、高い専門知識や技術を身につけ、現場で活躍しています。近年、オリンピック、プロスポーツ選手、大相撲、地域スポーツ活動や、大学や高校の部活動、高齢者への支援など、スポーツを充実、強化させる傾向もあるため、活躍のフィールドも拡大していくことが期待されます。選手を支えるという立場からスポーツトレーナーとして、生涯、スポーツと関わることのできる仕事のひとつだと言えるでしょう。

近畿医療専門学校がCSスカパー!日経CNBC『時代のニューウェーブ』に取り上げられました!

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーは、アスリートの命である「体」をメインテナンスし支えるエキスパート。 アスリートの激しい痛みをも取り除き、アスリートをはじめとする身体疲労と戦う人が、常にベストコンディションでいられるように、健康状態およびトレーニングの管理、ケガの応急処置、リハビリまで、体づくりと能力の向上を全般的にサポートするエキスパートです。近畿医療専門学校では、国家資格を持つスポーツトレーナーのエキスパートを育成します。

  • スポーツの現場でアスリートをケア
  • アスリートのトレーニングをサポート
  • スポーツトレーナーとしての知識を身に付ける

スポーツトレーナーの種類

スポーツトレーナーには大きく分けて2つの種類があります。

体づくり・運動能力向上のエキスパート

  • コンディショニングトレーナー
  • フィジカルトレーナー
主な仕事 ストレッチ、トレーニング、ウォーミングアップ、クールダウンなど。

ケガ予防・応急処置や回復のエキスパート

  • アスレティックトレーナー
  • メディカルトレーナー
主な仕事 テーピング、マッサージ、アイシング、リハビリなど。

スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるには

医療の知識はスポーツトレーナーの質を上げる武器になる。

体育・医療・健康科学・スポーツ系の大学・短大、または、専門学校のトレーナーコースなどで学べますが、医療や身体機能の専門知識を有した上で、柔道整復・鍼灸など、治療を目的とした学科を選択することで、さらに有効性が向上します。これからのスポーツトレーナーには必ず国家資格が必要とされることでしょう。国家資格を取得しておくと非常に役立ちます。

スポーツトレーナーのプロとして活躍するには、 医療系国家資格の取得が有利。

現在、日本で活躍しているスポーツトレーナーのほぼ全ての人が、専門学校で柔道整復師や鍼灸師の資格取得に取組み、実際に医療系国家資格を保持しています。これは日本の法律で、人体に触れて医療類似行為を行うのは、医療系国家資格を保有する者に限ると定められているためです。代表的な医療系国家資格として、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士があります。

日本のスポーツに関する代表的な民間資格としては、日本体育協会の定めるアスレティックトレーナーがあり、アメリカやオーストラリアなどスポーツ先進国でトレーナー専門の民間資格を取得する場合もあります。

取得しておくと有利な資格

  • アスレティックトレーナー(日本)
  • パーソナルトレーナー(アメリカ)
  • トレーニング指導者(日本)
  • スポーツリーダー(日本)

代表的な医療系国家資格

  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 理学療法士

※日本にはスポーツトレーナーという国家資格は存在しません。「スポーツトレーナーになる」ということに関しても、資格は必要ありません。しかし、専門的な知識の技術の無いスポーツトレーナーは選手から信頼されません。よって、近畿医療専門学校では柔道整復師、鍼灸師資格を有した信頼されるスポーツトレーナー育成に全力を注いでいます。

活躍の場所はスポーツの現場だけじゃない

スポーツトレーナーは、プロのスポーツチームをはじめ大学、高校や実業団のスポーツチーム、オリンピックの日本代表選手団など、さまざまなスポーツの現場で活躍しています。実はスポーツの現場以外にも、トレーナーとしてあらゆる業界、現場で活躍することができます。

たとえばこんなところで…

テーマパークで…
ダンサーやパフォーマー、着ぐるみを着て演奏をしている人たちの、ケガ予防や疲労軽減、体のケアなどをします。
歌手などのアーティストに…
コンサートなどで長時間歌って踊るアーティストについて、体調管理や疲労回復のためのケアなどを行います。
テレビの現場で…
バラエティやスポーツ番組など体を動かす番組撮影の現場で、ケガの予防や応急処置、体のケアなどのために帯同します。
戦闘機パイロットや宇宙飛行士に…
スポーツ選手並みに体力が必要とされるパイロットや宇宙飛行士のために、体力強化、回復のための指導を行います。

たくさんの先輩達がスポーツ業界で幅広く活躍!

現場で活躍する橋本大祐さん

橋本 大祐 さん / DAISUKE HASHIMOTO

中学から大学まで野球に打ち込み、1998年ドラフト3位で阪神タイガースに入団。しかし、腰のヘルニアのため3年で現役引退。退団後は自身の経験を活かすためにトレーナーの道へ。専門学校に通い鍼灸師、柔道整復師の国家資格を取得し、阪神タイガースでのトレーナー研修を経て、だいすけ鍼灸接骨院を開業。

開業後、スポーツトレーナーとしても多彩なジャンルのアスリートの支援を行う。その後、スポーツトレーナーを目指す人々の進路を拡げるために、オーストラリアにおけるスポーツ関連国家資格を取得し、審査員に就任。

アスリートから信頼されてこそ、真のスポーツトレーナー。 柔道整復と鍼灸を用いれば、メディカルからフィジカルまで、アスリートを幅広くサポートすることができます。

ストレッチしかできないトレーナーでは、アスリートから信頼されない。

スポーツ現場の施術では、柔道整復も鍼灸も非常に有効です。まず、柔道整復・鍼灸で得た知識を元に筋肉疲労や、体の状態を知り、それから体の調整や、鍼を打つ事がほとんどです。捻挫などのケガの場合は柔道整復の技術を用いてテーピングなどを行い治療も施します。今や現役のアスリートの多くが鍼の必要性を感じており、疲れが溜まってきたときに施術を希望する事が非常に多いようです。ケガや疲労回復をトレーナーに相談するのですから、相互の信頼関係は非常にたいせつです。最近では、外国人や一般のマラソンランナーからの依頼も多くなってきています。

スポーツトレーナーの役割は、スポーツ選手のケアにとどまりません。

阪神タイガースでの選手経験を活かし、今は地域の子どもたちに野球塾で指導もしています。プレー技術はもちろんですが、栄養面やケガをしないための予防を指導するのも重要だと思っています。子どもたちには、筋肉疲労時に予防鍼灸を施す場合があります。そんな私の姿を見て、スポーツトレーナーの役割を知り、憧れを持つ子どももいますね。信頼されるスポーツトレーナーを目指すには、鍼や柔道整復の技術はもちろん、実践がたいせつです。スポーツに関わるだけでなく、本場の知識を吸収しながら実践実習できる機会を多く持つことが必要です。

  • スポーツ×近畿医専
  • オフィシャルパートナー×近畿医専
  • 野球×医療人

夜間学校説明会・個別相談会は随時開催しています。

オープンキャンパス・個別相談会のお申込みはコチラ!