スポーツ×近畿医専

本校では、在学中少しでも長くスポーツと触れ合えるよう部活動に力を入れています。また、プロ野球独立リーグのチームとパートナーシップを結び、プロの現場でチームトレーナーの実践的な指導体験をすることもできます。プロのスポーツトレーナーの講師も在籍しているので、日常からスポーツと触れ合う機会が多くあります。

バスケットボール部

開業には柔道整復師と鍼灸師のWライセンスの必要性を感じます。 高校時代、バスケットボール部に所属していた時は、ケガと筋肉の関係のことなど知りませんでした。近畿医専で学ぶことで筋トレやテーピングがケガの予防にたいせつであること、鍼は疲労軽減になり、ストレッチよりも効果があることなどは、スポーツトレーナーになるために重要な知識だと思っています。 バスケ部の活動は、土日を練習日にあて、春の大会に向けて猛練習しています。

トレーナー部

トレーナー部の存在を知り、入学を決めました。トレーナー部の活動は週1回。 1年生なので授業では学べないストレッチや筋肉トレーニングの方法を実践的に活動しています。 中高生の時から野球をしていたので、将来も野球に携わる職業を目指しています。 選手時代、腰痛のためお世話になった整骨院の先生から、柔道整復師の資格を活かしたスポーツトレーナーの道があることを教えていただきました。

柔道部

7歳の時の柔道整復師との出会いが、印象的でした。幼い頃から柔道を学び、7歳の時に練習中にケガをしたとき、柔道整復師でもある監督がテープでアッという間に、指をぐるぐる巻きに。衝撃的で、凄く感動しました。それを忘れることができず、高校3年のときに、迷わず柔道整復師の道に進むことを決意しました。将来は、地域のダンスクラブや地域のチームをテーピングなどでサポートしたいですね。

JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)取得養成校 認定

近畿医専は、JATI(日本トレーニング指導者協会)のトレーニング指導者(JATI-ATI)を養成する専門学校として認定されました。

トレーニング指導者とは、トレーニングの目的に応じて、科学的根拠に基づいた適切な運動プログラムを作成・指導するために十分な知識を習得している者のことを指します。スポーツ選手やスポーツ愛好家など運動を定期的に行う人を対象としたトレーニング指導の専門家として活動するための基礎資格の一つとしてあげられます。

この資格を持っていることで、将来、スポーツ関連施設への就職やトレーナー活動の機会の増大などが期待されます。

資格を取得するには、JATIが定める講習会などを受講し認定試験に受験・合格する必要があります。養成校では、JATIが指定する科目を学校の授業時間内で履修することにより、認定試験を受験することができるようになります。本校では、柔道整復師や鍼灸師になる勉強をしながらトレーニング指導者の資格取得も目指せます。

将来、スポーツトレーナーとして活動したい方は医療系国家資格とともにトレーニング指導者の資格を持っていればプラスになります。

JATI(日本トレーニング指導者協会)について

学びたいという気持ち。将来の夢を本気でサポート!

進学にかかるお金の悩み何でも相談室

  • 国の教育ローンを受験前に申請。
  • 子ども自身が学費の一部を支払う。
  • 在学中の返済据え置きの有無を確認。最適な入試方法を選択し、家計負担も抑える。
  • 奨学金の種類や基準をチェック。

近畿学費サポートラインの相談窓口へ。06-6360-3002