医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人へ!先輩からの応援ストーリー

私たちはこうして夢を叶えました!

株式会社 あい・メディカル 伊藤 勇二 先生 株式会社
あい・メディカル
代表取締役 伊藤 勇二 先生

Vol. 005 柔道整復師、鍼灸師がいつまでも安心して
全力を発揮できる環境づくりに力をいれています。

  • 若手の受け皿づくり
  • 適材適所のマネージメント
  • 25歳で独立・開業
  • 30代半ばの失敗
  • 肝心なのは理念
  • 喜びと笑顔
  • アントレプレナーシップ(起業家精神)
  • 今後2年間で店舗数を2倍に

株式会社 あい・メディカル http://www.ai-medical.net/index.html

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-9-14 上本町ビル601
TEL:06-6775-0222

歩んできた道

  • 25歳で独立・開業
  • →
  • 約半年で平均来院数100名に
  • →
  • 30歳で4店舗運営
  • →
  • 1店舗に縮小
  • →
  • 経営理念の確立・共有
  • →
  • 当事の業界では異例の法人化
  • →
  • 15店舗を展開中
  • →
  • 2年後、30店舗が目標

法人化は、業界を担う若手の受け皿づくり

平成17年に設立し、大阪市内に15店舗の整骨院を展開している「株式会社 あい・メディカル」。法人化の理由は、治療家の一人ひとりが満足のいく環境で、安心して仕事ができる場をつくりたかったからです。当事、柔道整復師や鍼灸師が長く仕事を続けるには、独立するしか道はありませんでした。治療家としての技量はあっても、経営者としての資質に乏しい。そうした方まで独立を迫られ、腕の良い治療家が去っていくのであれば、それは業界にも患者様方にも大きな損失です。そこで、これから業界を担う方への受け皿づくりの意味で法人化へと踏み切ったのです。

院長か、管理職か。帰郷しての開業も応援!

当社は今後2年間で店舗数を現在の2倍、30店舗に増やす計画です。スタッフはグループ内で院長を目指すも良し、管理職として勤めるも良し。マネージャーを経験後、地元に戻って開業するも良し。すでに故郷に錦を飾っている者も少なくありません。将来の選択肢は今後ますます増えていくはず。当社は、社員が自分の能力を最大限に発揮することで、夢を叶える場であることを願っています。

30代半ばに味わった失敗を糧に

今でこそスタッフの将来、業界を担う若手の受け皿づくりまで視野に入れて経営に勤しんでいますが、これは開業当初に味わった苦い経験が教訓となっています。私が独立・開業したのは25歳の時でした。柔道整復の資格を取得した、その春に鍼灸学校に入学。善は急げとばかり、卒業前に物件を決めていたんです。開業後、約半年で一日の来院者が平均100名を達成! 出店に迷いはなく、30歳の時点で4店舗を運営するに至りました。ところが、ふと気づくと全体としてのまとまりが無いんです。まるで各店舗が、まったく別の整骨院のように…。私は技術や知識など必要なすべてをスタッフに伝えていたつもりでした。しかし、最も肝心な“理念”を伝えきれていなかったんです。「スタッフが悪いのではない、私が悪いのだ」。断腸の思いで3店舗を閉鎖し、1店舗から出直したのでした。

企業経営の面白さに気づいた瞬間

再出発にあたり、まず明確にしたのは経営理念でした。1人でも多くの人に喜んでいただき、笑顔を与える事が私たちの喜びであり笑顔である。そんな思いを込めて「喜びと笑顔」を経営理念に掲げました。これを口で言うのは簡単です。しかし、スタッフの心に浸透させるには、私が率先して実行して見せる以外ありません。患者様のために汗を流し、その分だけ笑顔をもらえる。手本を示すように伝えていくと、意外なほどすんなり思いを共有できたのです。私が企業経営の面白味に気づいた瞬間でもありました。

大学院にて「アントレプレナーシップ」を学ぶ

この業界へ足を踏み入れて約15年間。あらためて初心を振り返るために、大阪市立大学の大学院で「アントレプレナーシップ(起業家精神)」を学びました。おかげで創業時の挑戦者スピリッツを思い出し、その上で今後の目標をしっかりと見据えることができました。他業界で活躍中の仲間がたくさんできたことも嬉しく思います。こうした縁も大切に育みながら、私は当社を「給料や待遇が良く、勉強の機会に恵まれた、素晴らしい社風」の企業にしたい。誰もが入社したいと願うリーディングカンパニーであり続けることが、業界の発展に結びつくものと考えています。

このサイトについて

医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人を応援するサイトです。進路に悩んだり仕事の内容を知りたいときに、参考にして欲しい先輩の体験談を順次公開していきます。
また、Facebookやツイッターなどからの悩み相談も近日公開いたしますので、是非ご利用下さい。

  • Facebook
  • Twitter

学校法人 近畿医療学園 厚生労働大臣指定・大阪府認可 近畿医療専門学校