医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人へ!先輩からの応援ストーリー

私たちはこうして夢を叶えました!

だいすけ鍼灸整骨院 橋本 大祐 先生 だいすけ鍼灸整骨院 橋本 大祐 先生

Vol. 009 プロ野球の投手からプロの治療家へ。
自らの体験を活かして
アスリートの心技体を支えたい!

  • 高校・大学野球
  • プロ野球の投手
  • 阪神タイガース
  • スポーツトレーナー
  • メジャーリーグ
  • 筋力トレーニング
  • マッサージから学ぶ
  • ピッチングのアドバイス
  • 整形外科との連携
  • スポーツ関連国家資格

だいすけ鍼灸整骨院 http://www.daisuke-56.com/

〒538-0052 大阪市鶴見区横堤3-10-19 堤之ビル2階

歩んできた道

  • 中学、高校時代を野球に打ち込む
  • →
  • 大学野球ではノーヒットノーランを達成。全国大学選手権ベスト8、日米大学野球にも出場
  • →
  • ドラフト3位で阪神タイガース入団
  • →
  • 3年後、腰のヘルニアで退団
  • →
  • 鍼灸、柔道整復の学校へ順に入学・卒業
  • →
  • 阪神タイガースでトレーナー研修
  • →
  • だいすけ鍼灸整骨院を開業
  • →
  • 日本人メジャーリーガーのトレーナー
  • →
  • 高校野球部のトレーナー
  • →
  • 女子バレーボールチーム、ドミニカ・ウインターリーグのトレーナー
  • →
  • スポーツ関連国家資格取得、審査員に就任

施術で矯正し、筋肉強化で維持する

「だいすけ鍼灸整骨院」ではお子様からお年寄りまでの一般診療はもちろん、アスリート志向の強い方までそれぞれの体に合わせた施術を行っています。私自身がプロ野球選手だった経験を活かした治療を実践しており、プロのスポーツ選手も来院。電気やマッサージだけでなく、腹筋や背筋など基本的な筋力トレーニングを行うことで、患者様の体幹から強くなる施術を実践しています。他の整骨院とは違う施術に戸惑う方もおられますが、「矯正した状態を維持するためには筋肉が必要」と話せば納得して頂けますし、何よりきちんと結果が伴うことで信頼を積み重ねています。

プロ野球球団への入団、退団から整骨院開業まで

子どもの頃から野球に取り組んでいた私は、阪神タイガースにドラフト3位で入団。ところが間もなく腰のヘルニアに悩まされるようになり、わずか3年で退団を余儀なくされたんです。社会人野球からも声が掛かりましたが、まだ年齢も若く、どうせなら違う道へ進もうと。それで選手時代に関わりの深かったトレーナーになろうと決めたんです。鍼灸の学校、柔道整復の学校へ通いながら、整骨院で修行を積み、卒業から約2ヵ月後には「だいすけ鍼灸整骨院」を開業しました。

スポーツトレーナーとしても多彩に活躍

開業後、スポーツのトレーナー活動も本格化。メジャーリーグで活躍中の日本人投手がオールスター戦に出場した際には、パーソナルトレーナーとして参加しました。高校野球部やプロバレーボールチーム、ドミニカのウインターリーグ(野球)でも実績があります。こうして夢を実現できたのは、確かな技術を持つことでも、ましてや元プロ野球選手という肩書きでもありません。意欲や熱意を伝えることが重要で、私は「まずは無償で施術するので技術を確かめてほしい」とアピールしたこともありました。

手技の上達には、マッサージをこなすこと

技術力向上について、私はとにかく実践あるのみと考えています。治療家を目指す学生には、知識を得ることばかりを重視し、マッサージなどの基本的な手技を軽んじる方も少なくない様子。しかし、マッサージを施すことで一人ひとりの筋肉のつき方やハリが違う、施術に対する反応も異なることが指先を通じて理解できます。実際、私はマッサージ専門店に勤務したこともあり、これまでに数千人の体に触れてきました。自分がいろんな治療家から施術を受けることでも多くのことが学べます。

整形外科との連携で、患者様第一の施術を実践

開院当時から馴染みのある野球少年が、5年後の今たくましく成長し、高校野球に熱中している。そんな姿を見るのは本当に嬉しいですね。ますます応援したくなり、院内に大きな鏡を置いて、シャドーピッチングの指導までしています。投球フォームを目の前で見て、故障の原因を取り除き、制球が良くなるコツも伝授。隣接する病院の整形外科部長と意気投合し、屋上にはブルペンも設置しているんですよ。先生とはお互いの治療に対する理解があり、施術について連携することもしばしば。「患者様第一の施術」ができることを心から嬉しく思っています。

スポーツトレーナー希望者の進路を拡げるために

今後の目標は、地元の伊丹に野球中心の鍼灸整骨院を開業すること。我が子が野球を通して成長していくのを見守りながら、より多くの人々の役に立っていきたいですね。もう一つの目標は、スポーツトレーナーを目指す人々の進路を拡げること。そこで私はオーストラリアにおけるスポーツ関連国家資格(Diploma)の資格を取得。審査員としても参加しています。この資格は日本でも受験可能で、合格するとスポーツトレーナーの需要が高い海外で活躍が容易になります。とくに鍼灸や柔道整復は海外からの評価が高まっており、併せて取得すれば大きな強みとなるはずです。

このサイトについて

医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人を応援するサイトです。進路に悩んだり仕事の内容を知りたいときに、参考にして欲しい先輩の体験談を順次公開していきます。
また、Facebookやツイッターなどからの悩み相談も近日公開いたしますので、是非ご利用下さい。

  • Facebook
  • Twitter

学校法人 近畿医療学園 厚生労働大臣指定・大阪府認可 近畿医療専門学校