医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人へ!先輩からの応援ストーリー

私たちはこうして夢を叶えました!

株式会社KMC 清原 大貴 株式会社KMC 清原 大貴

Vol. 020 ケガに悩んでいた頃、柔道整復師としての
小林理事長の姿があった。
そして見つけた。第2の人生。
野球に関わり、子ども達に伝える仕事が
僕にはある。

  • 元阪神タイガース投手
  • 6年間のプロ野球生活
  • ケガとの戦いを活かしたい
  • 60以上の治療院巡り
  • 少年野球の子ども達にケガ対策の大切さを伝えたい
  • 患者のメンタルも理解したい
  • 柔道整復師としての小林理事長との出会いが第2の人生の始まり
  • 今は3年後の国家資格取得に向けて全力投球
  • 30歳迄の独立開業を目指す

株式会社KMC

歩んできた道

  • 常総学院高校から阪神タイガースにドラフト3位指名
  • →
  • プロ入り2年目、右肩を痛めリハビリを開始
  • →
  • 3年間のリハビリ治療
  • →
  • 入団6年目、戦力外通告、その年トライアウトに挑むが、断念。
  • →
  • 治療中、小林理事長との出会いで柔道整復師を目指す
  • →
  • 子ども達に野球を通じ自分の経験を伝えることを決心

6年間の阪神タイガース。3年間はケガとの戦いだった

僕の最初の故障はプロ入り2年目の春でした。右肩を痛め半年間のリハビリを余儀なくされました。同時に、脇腹や膝の痛みにも悩まされました。高校卒業後ドラフト3位で阪神タイガースに入団。プロの違いは歴然でした。ついていかなくてはいけないという焦りが、自分のレベル以上の練習となり無理をしたのが原因です。今思えば、一流の選手は、自分を知り、自己管理も徹底していたんです。少年野球時代から、ケガとは無縁だったため自分を過信し、ケガへの対策も考えない練習が招いた結果でした。

戦力外。だけど、野球を続けていけると軽く考えていた

阪神タイガース6年目の2013年10月1日。戦力外通告。球団からは、打撃投手の打診がありました。小さい頃からプロ野球選手の夢を持つ自分には納得ができず、後悔しないためにも一旦お断りし、11月にトライアウトに挑戦しましたが、プロ球団からのオファーはなく断念。社会人野球からは声がかかるものの、企業人としてのプレイヤーは自分の野球美学では許せなかったんです。どれだけ優秀な活躍をしても、サラリー(給与)としての報酬しか無く、皆と同じ価値で評価されるのが嫌でした。プレー自体が評価されないことは、野球とともに生きてきた自分には許せなかったのです。

決断

タイガースでのケガを治療している時は、もぅ、本当にたくさんの整骨院や病院を訪ねました。口コミはもちろん、流行っている整骨院には何かがあるのだろうと祈る気持ちで通いました。けれど、誰も自分を助けてくれなかった。誰も自分の気持ちを理解してくれなかったですね。気がつけば60以上の治療施設を回っていました。プレイヤーとしての生き方に断念を強いられた時、そこには小林理事長の姿がありました。僕のケガの治療にも協力していただいていましたが、治療家として患者に接する情熱と、誰かのために役立つ生き方を小林理事長の姿で気づいたのです。「ケガをした人の気持ちは誰よりも理解している、ケガに困っている少年野球の子ども達を助けたい」野球なしの人生は考えられない自分の新たな野球との関わりを見つけた瞬間でした。

第2の人生が始まる

新たな美学に夢はふくらみます。2014年4月から、野球教室「will」で子どもに野球を指導する傍ら、近畿医療専門学校で柔道整復師への道を目指します。子ども達には、野球の指導だけでなく、ケガをしない対策も指導していきたいです。自分が招いた経験を子ども達にもしっかり伝えたい。プロ野球選手からの転身というセカンドキャリアを子ども達にみせてやりたいと思ってます。

経験と出会いに感謝しています

ドラフト指名からの6年間は、野球の怖さと影との戦いでした。今は、故障を抱えた選手の苦悩と不安がすごく理解できます。先輩達に恵まれました、普通じゃできない経験ができました。たくさんの人に出会い、勇気ももらいました。苦しいはずの毎日が大きな財産となっていました。野球をゼロにしてしまうのが怖かった。けど今は違います。目指すのは3年後の国家資格取得、30歳での開業。これからは多忙ですが、やる気満々ですよ。

このサイトについて

医療・福祉・健康の分野で人を助ける仕事をしたい人を応援するサイトです。進路に悩んだり仕事の内容を知りたいときに、参考にして欲しい先輩の体験談を順次公開していきます。
また、Facebookやツイッターなどからの悩み相談も近日公開いたしますので、是非ご利用下さい。

  • Facebook
  • Twitter

学校法人 近畿医療学園 厚生労働大臣指定・大阪府認可 近畿医療専門学校