• Home
  • 入学をご検討中の学生の方へ

入学をご検討中の学生の方へ

理事長から学生の皆さんへ

スポーツトレーナーとしての道

プロスポーツの世界では、トレーナーと呼ばれる方たちが選手のケアをしています。とはいえ実は日本にトレーナーという公的資格は存在しません。スポーツトレーナーになるには、柔道整復師もしくは鍼灸師の資格を取ることが必要です。そのうえで、運動学やテーピング、トレーニング学やコンディショニング法などを学べば、あらゆるスポーツに対応したスポーツトレーナーを目指せます。スポーツトレーナーといえば、柔道整復師、鍼灸師を指すのだと広く国民に知っていただくことが近畿医療専門学校の使命です。

柔道整復師、鍼灸師の可能性

私たちの先輩は骨接ぎ(ほねつぎ)と呼ばれ、骨折や脱臼、捻挫など、外傷の手当てのスペシャリストでした。最近では整形外科医が増え、骨折や脱臼の患者さんが整骨院を受診する機会は減りました。しかしスポーツの現場では、スポーツ外傷により、パフォーマンスを100パーセント出せない選手がたくさんいます。そんな選手にこそ柔道整復師や鍼灸師の施術が必要であるということを広く国民に知っていただくことが近畿医療専門学校の使命です。

近畿医療専門学校の可能性

学生時代にスポーツをしていたりプロのスポーツ選手を目指していた人が、ケガや加齢でスポーツの一線から離れることになったときに、今度はスポーツトレーナーとして選手を支える仕事があるということを知っていただきたいと思います。セカンドキャリアとしての柔道整復師、鍼灸師という職業を広く国民に知っていただくことが近畿医療専門学校の使命です。

在校生の声

活躍する卒業生