• mail

神戸弘陵高校女子野球部有望選手近畿医療専門学校来校

神戸弘陵高校女子野球部有望選手近畿医療専門学校来校

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、立ってる(複数の人)

2019年5月21日 神戸弘陵高校女子野球部の小松選手と鳩場選手が近畿医療専門学校に施術を受けに来てくれました!

神戸弘陵高校女子野球部は全国大会6回優勝の超名門校です!

今春も男子では春の選抜甲子園にあたる全国選抜を制している現役の日本一の選手達です。

監督の石原先生から怪我をしている選手を救って挙げたい!と要望を受け、近畿医療に送り出して戴きました。

小松選手は練習中のヘッドスライディングで肩を負傷。医者からは手術を進められた様です。

この日の前日に手術の日程を決める予定でしたが、私・北出が偶然神戸弘陵学園を訪問。石原先生と面談しました。

その時石原先生が近畿医療専門学校の実績を知り、スポーツ活法に非常に興味を示され、出来るだけ手術はさせたくないとの事で、選手達に近畿医療を薦めて下さりました。

早速小林理事長に御電話をし、今回の来校と為りました!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、室内

画像に含まれている可能性があるもの:3人、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)、子供、テーブル、屋外、室内

 

小林理事長の指名で柔整学科学科長吉村先生が治療にあたりました。

吉村先生はプロラグビー選手をはじめとするトップアスリートを施術して来た実績に加え、常翔学園ラグビー部の全国大会出場に伴い、共に花園に帯同した実績や極真空手国際大会では医療チームとして日本チームをはじめ外国選手達の救護にあたったりと様々なスポーツ現場での実績のある先生です。

吉村先生は選手の問診からスタート。現状を把握し施術に入ります。

選手と対話を重ねながら、身体の声を聞き、痛みの原因を探ります。そして・・・

「手術しなくても大丈夫だよ!」

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

医者から手術を薦められていた小松選手は驚きの表情と共に安堵の表情を浮かべます。

そして施術を続けると「痛みがましに為りました!可動域が広がりました!」と言ってくれました!

続いて同じく肩の負傷のある鳩場選手の施術です。

吉村先生は同じく問診から始め、選手と対話を重ね、触診で身体の声を聞きながら、治療を続けます。

「凄く楽に為って来ました!」そう言って貰いました。

ここで小林理事長が「二人に骨格矯正を今からします」と言い、スポーツ活法を始めます。

二人とも初めてのスポーツ活法にかなりびっくりして居ました。

小林理事長は更に首回り、肩、腕を施術。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、靴

その後は田中宣彦先生がバトンタッチで細かなアプローチ!仕上げに掛かりました!

この日、近畿医療専門学校で施術を受けた二人の女子野球日本一の選手二人は凄く感謝されました!

直ぐに監督の石原先生にも御電話しました!

選手から「楽に為りました!」の声を聞いた監督は非常に喜ばれました!

まだ怪我をしている選手が居ると言う事で近畿医療は役に立ちたいと言う思いから、5月28日 神戸弘陵学園高校に小林理事長、田中理事と行く事に為りました!

ガイダンスの実施で実際にスポーツ活法と近畿医療専門学校の技術力の高さを体験して貰います!

神戸弘陵の女子野球部の選手の皆さん、待っててね!

我々、近畿医療専門学校は学校を上げて神戸弘陵学園高校を応援して居ます!

がんばれ!神戸弘陵!気合いだ!

ü