• mail

小林理事長 母校・関西大学表敬訪問

2018年4月19日

近畿医療専門学校理事長小林英健先生が母校である関西大学を表敬訪問されました。

理事長表敬訪問
理事長表敬訪問

 

 

 

 

 

対応されたのは堺キャンパス事務局次長・杉崎先生、キャリアセンター事務グループ山口先生です。

お二人共、大先輩が来ると言う事で少し緊張されていたようです。

昨年末、私が関西大学を訪問し近畿医療専門学校が如何にアスリートに支持されている学校であるか、柔道整復術・鍼灸の可能性の話、そしてスポーツトレーナーとしての関わり、小林理事長の実績や功績をお話しさせていただきました。

関西大学の先輩で凄い方がおられる!と感心されていました。

小林理事長も母校を気に掛けられているのですが、中々忙しく訪問する機会がなかったと言うのが現状でした。

そして遂にこの日、母校に凱旋訪問されました。

関西大学は文字通り、関西では名門校として知られ、学業に於いてはトップクラスの大学です。

創立を遡ると1825年泊園書院として開かれ、1886年関西法律学校として仮校舎が開校。
1893年司法省指定学校として認可。
1904年専門学校令により専門学校に。
1905年社団法人に改組し、私立関西大学と改称。
1920年財団法人に改組し、関西大学と改称。
1922年現在の千里山に移転1951年学校法人関西大学に改組。
本年で創立132年と言う歴史と伝統を誇っています。

書院から専門学校、そして大学へと昇華され現在に至られています。

小林理事長は青年期この学舎で勉学に励まれ、卒業後は銀行マンとして就職され、社会人への第一歩を踏み出されました。

しかし銀行勤務の後、たった一度しかない人生にやりがいを求める為に、脱サラし医療の道へ進む事を決意されます。

既にご結婚もされ、周囲の猛反対に合いながらも、決意は揺るがず、医療系専門学校で学び始めます。

その後、柔道整複師、鍼灸師の国家資格を取得。下積みを続け、遂に1985年大阪府八尾市に「小林整骨院」をオープンします。その後、地域のナンバー1院に成り、次々と分院をオープン。現在では大阪、神戸、浜松等に約30店舗の整骨院を開院するまでになりました。

そして現在は、KMC(小林整骨院グループ)として、業界で確固とした信頼を築き、地域から愛される治療院として毎日多くの患者様が通院に訪れられております。

そして武家の医療療法であった南條式骨盤背骨矯正法を現代の医療に即し、現在人にあったやり方を試行錯誤し、永年の施術現場での経験や学びの中で小林式背骨骨盤矯正法(スポーツ活法)を考案。この施術が即効性があり、効果が絶大だと言う事で、支援者や学びたいと言う受講者が増え、全国各地をセミナーで回るようになります。
このスポーツ活法のセミナーは毎回好評で一回のセミナーに約200人もの受講者を集める様になり、現在まで数万人の受講者を世に輩出するまでになりました。

またこのスポーツ活法は、Jリーガー、プロ野球選手等のトップアスリートに支持されています。

尚、近畿医療専門学校所属の成田緑夢選手は平昌パラリンピックで金メダルを獲得しております。

小林英健先生の元で学びたい!と言う者が増え続け、また理想の医療人を育てるべく、小林先生は遂に2008年近畿医療専門学校を南森町の地に創立!真の医療人を育てる為に奔走されます。

その後、日本痩身医学協会会長就任や医療、スポーツで様々な役職を経験。

現在もなお現場の一治療家として、日本中を飛び回られ、人生を掛けた柔道整復術、鍼灸の魅力や可能性を伝えられております。

この日母校・関西大学で後輩にあたる杉崎先生、山口先生と対談され、これから新しい試み、卒業生として母校に貢献出来る試みを幾つか提案されていました。

両先生共非常に喜ばれ、これから関西大学に恩返し出来る様に小林理事長からの提案を聞いていただきました。

 小林理事長の思いで「みんなに幸せになってもらいたい!みんなに夢を叶えてもらいたい!」とあります。

今日も小林理事長は我々の先頭に立ち、走り回られております!

入試広報課 北出

 

ü