学科 学校案内 入学案内 アクセス

TOP > ニュース >  スポーツ超会議 近畿医療専門学校理事長小林英健講演

 ニュース 

News

スポーツ超会議 近畿医療専門学校理事長小林英健講演

2021年11月22日 | プレスリリース

スポーツ超会議 近畿医療専門学校理事長小林英健講演
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_40.jpg
 2021年11月20日アスリート、スポーツ指導者、医療従事者によるネットワークコミュニティ「スポーツ超会議」に於いて近畿医療専門学校小林英健理事長が講演を行ないました。

 参加者の中には現役アスリートを始め、オリンピックに出場した選手、アスリートに携わるスポーツトレーナー、整骨院、整形外科等に勤務し、アスリートをサポートしている医療従事者等が多く参加されました。

 司会は代表の東信幸さん、ソチ冬季オリンピックフィギュアスケート日本代表高橋成美さんです。
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_11.jpg
 近畿医療専門学校小林理事長が一代で整骨院グループを42店舗(これからもまだまだ増えて行きます)を経営し、柔道整復師、鍼灸師の専門学校を創立、スポーツジムやサロン等、多くの事業を展開し、成し遂げて来た経緯や思い、またリオデジャネイロオリンピック、東京オリンピックにスポーツトレーナーとして帯同された現場の話し等、多岐に渡り講演されました。

 ナビゲーターはオリンピックフィギュアスケート日本代表で現在はタレントとしても活躍されている高橋成美さんがされました。

 高橋成美さんもオリンピアンとして日本を代表し、世界と戦ったアスリートです。今回のインタビューによるナビゲートは多くの参加者に非常に分かりやすく、小林理事長の言葉から多くの理念や思いを引き出すのに一役買われました!
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_14.jpg
 なぜ?学校を作ろうと思ったのか?学校を作る事の難しさと絶対に成し遂げると言う思いに付いて小林理事長は噛み砕き、当時の心境や状況等を話されました。

 如何に困難で、幾つもの障害を乗り越えて来たかを参加者達に優しく丁寧に時に熱く話されました。

 当時はみんなが学校を作るなんて無理だろ!って正直思っていたと思います。でも私は出来ると思ってました!

 この言葉から参加者は「なぜ?その様な思いに至ったのか?」聞いて来られます。

 小林理事長は「古今東西、様々な歴史の中で、成功を収めた方達は成功のやり方を知っているのでは無く、成功する考え方を知っている。私も必ず実現出来ると心の底から思っていた。なので、その通り行動して来た!」と語られました。

 参加者からは様々な質問が飛び、それを高橋成美さんがリードしてくれます。
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_15.jpg
 約2時間に渡り、小林理事長はご自身の身の上に起きたあらゆる事象を紐解き`成功哲学'を語られました。多くの参加者は画面越しに身を乗り出し、聞き入っていました。

 たった一代で余りにも多くの事を成し遂げられ、現在も様々な事業に挑戦されています。

 その1つが今後具現化させようとしている医療連携です!

 患者様やアスリートの目線に立ち、利益追求では無く、確実に治し、確実にパフォーマンスを上げる為に医師や柔道整復師、鍼灸師、理学療法士等が連携し、サポートして行く仕組み作りです。

 その為の病院建設等、これからの事業展開も惜しげも無く話されました。

 参加者は感嘆の声を上げ、小林理事長の未来ビジョンを聞き入ってくれました。

 小林理事長の挑戦はまだまだ続きます!

 それは目の前の人を「治して上げたい!」「楽にして上げたい!」「幸せになってもらいたい!」という思いからスタートしています。
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_24.jpg
 最初から成功していた訳ではありません。目の前の人を大切にする事から全ては始まり、振り返った時には多くの足跡が光り輝く事象となって付いて来ていました。

 小林理事長は目の前の患者様を治す為に足りない技術を他に学びに行く努力家でした。若い頃は子供の参観日や運動会には一切出た事が無く、休みの日は治療技術を高める為に多くのセミナーに足を運び、名医と呼ばれる先生の元に足繁く通い、技術を学ばれ、現場で患者様と向き合いながら、一歩づつ努力された成果が現在の小林理事長を形成する核となりました。

 そんな中で多くの出会いがあり、師匠南條先生との出会いもありました。

 現在も小林理事長は師匠南條先生の事を尊敬し恩人として常に立てられ感謝されています。

 近畿医療専門学校を創立から13年の年月が流れました。

 近畿医療専門学校は何処まで行っても学生第一なんだ!学生の為の専門学校でなければならない!小林理事長は常に教職員に語られています。

 今回ネットによるオンラインで参加して下さった皆様、ありがとうございました!
 またこの場を提供して下さった代表の東さん、マスコットキャラクターの高橋成美さん、ありがとうございました!

 心より感謝申し上げます!
LINE_ALBUM_スポーツ超会議小林理事長講演_211122_19.jpg
以下は参加者の皆様の声です! 
 

素晴らしい志と想い!それを実行する行動力と覚悟!!感動しましたし、自分の行動の甘さを痛感しております。自分の夢の為にこれからも精進致します!ありがとうございました!!


まだまだ何をしていくべきか不安定なので、近畿医療へお伺いさせて頂きます。
私は医療で怪我復帰できずアスリート引退したので響きました!


今年の7月から弁護士事務所を独立開業したのですが、改めて各顧客のために全力で向き合うことが重要だと感じました。ありがとうございました。


"質問に答えてくださりありがとうございました!
最前線の現場で選手と向き合っているからこその考えだと感じました。
トレーナーの思う理想と、アスリートの求める理想の違いや差異に対してどう腹落ちさせるべきか、小林さんがどのように考えているのかを実体験ベースでお答えいただき非常に自分の活動の中で一部感じていたモヤモヤが晴れました



"小林先生、本日は貴重なお話しを有難うございました。業界をより良く変えるには医療との連携が必要だと私も強く思います。ぜひ実現していただきたいですし、微力ながら何かお力になれる事があればと思います。


「やってもらって嬉しいことはすぐにやる。自分が変われば周りも変わる。自信が大事。」など沢山メモしました。また、想いが大事であることをヒシヒシと感じましたし、近畿医療専門学校が素敵な職場であることが、北出さんや西堀さんなどの言葉からとても伝わりました。経営として大切なことも学ばせていただきました。本当にありがとうございました。
思いを新たに、これからも宜しくお願い致します。


姿勢解析アプリを提供している、筑波大学発ベンチャーの株式会社SportipのSです。今日はありがとうございました。東さんからのご紹介で参加させていただきました。先生の医療連携に対する取り組みには大変感銘を受けました。保険治療が難しくなっている柔整業界ですが、その仕組みをブレークスルーできるのは小林先生の人間性によるものだと感じております。


"小林先生の強い思いと取り組みを伺い、
学生へののアプローチはじめ、治療家としての在り方をあらためて考える機会となりました。久しぶりに先生のお話を聴かせていただきとても嬉しかったです。ありがとうございました!"


"小林さん、本日はご多用のところ、貴重なお話しをして頂きまして、ありがとうございました。
柔道整復師・鍼灸師のことは、お恥ずかしながら無知に近い状態で参加させて頂いたのですが、これまでの柔道整復師・鍼灸師という資格取得と現場に出てからのことを赤裸々に語って頂きまして、とても勉強になりました。

あと、経営者としてのマインドについてもお話し頂いて、とても有難くとても参考になりました。


「思考は現実化する」の書籍の一文、とても勇気をもらいました!
私事にはなりますが、私の夢を言葉にさせて下さいませ。
「ビリッカーのワールドカップ開催できる!」

本日はありがとうございました。"

― category ―

line
line
instagram
twitter
youtube
tiktok

資料請求
株式会社KMC 小林整骨院グループ
スポーツ活法
近畿医療付属接骨院
小林英健.com